舞いあがれ!

舞いあがれネタバレ|第45話(9週)のあらすじ「パイロットの本質」

2022-12-02

2022年10月から放送開始したNHK朝の連続テレビ小説「舞いあがれ!」。

フライト訓練では舞のチームで意見が食い違い、ちょっと心配ですね。

 

この記事では、「舞いあがれ!」第9週第45話のネタバレとあらすじをまとめています。

第9週のテーマは「私らはチームや」です。

 

舞いあがれ!第9週第45話のネタバレとあらすじ

柏木と水島が取っ組み合いの喧嘩をした翌日、気象状況が悪くなり、フライト訓練が中止になります。

 

舞は、柏木が場所を見失うスランプになっていることを心配して、大河内教官を訪れ、柏木がロストポジションになる原因を尋ねました。

 

パイロットの本質

舞の質問に対し、大河内教官は、この質問は本人が危機に来なければ意味がないと突き放します。

 

それでも舞は、チームの仲間が困っているのを放ってはおけないと食い下がります。

 

「何でも一人で抱え込むことが正しいと考えているなら、パイロットの本質を見失っている」

と厳しい言葉で指摘するのです。

 

パイロットは一人で空を飛ぶわけじゃない

水島は、柏木と同じ部屋にいるのがつらくなり、部屋を出ます。

 

一方で、柏木は、地図に多くの情報を書き込みして、翌日のフライト訓練の予習をしています。

 

倫子は、柏木をどうにかしてあげたいと思う舞に、

「自分で乗り越えていくしかない、成功することで自信を取り戻すしかない」と伝えます。

 

舞は、体育館で一緒に地図確認の練習をしませんかと柏木を誘います。

 

柏木:「岩倉と一緒に練習しても解決するわけじゃない。これは俺が解決しないといけない。」

舞:「なんで一人でやろうとするのですか?パイロットは一人でそらを飛ぶわけじゃないですよね。

柏木:「機長は一人だ。父もそうだった。」

舞:「私らは、訓練中で失敗してもいいし、弱いところを見せても良いと思う。いつか一人で飛べるように。強くなれるように。」

 

仲間のサポートでスランプ脱出

体育館では、倫子たちが柏木の練習のために地図のフライトコースを作っていました。

そこへ、舞が柏木連れてきます。

「私たちは飛ぶために来たんですよね」

 

柏木は、皆のサポートを受けて、ロストポジションにならないように地図のコースで練習を始めました。

頭の中でのイメージトレーニングだけでなく、実際に目で見て体を動かして自分を取り戻す柏木。

 

柏木はスランプを抜け出し、フライト訓練でも迷わなくなったのです。

 

距離を近づける舞と柏木

柏木がスランプから脱出した一方で、舞はまだ着陸に自信がなかったため、体育館で練習を始めます。

そこに柏木が来て、舞の着陸の練習を手伝います。

 

そして、以前壊してしまった段ボール製の操作レバーを直して舞に渡します。

 

柏木:「岩倉なら審査も大丈夫だ!」

舞:「柏木さんも絶対大丈夫です。私に言われても説得力ないやろうけど。」

柏木:「そんなことない。岩倉の言葉には強さがある。」

 

「俺、お前の事が…。」

 

第46話に続く。

<< 前回 第44話| 次回 第46話 >>

こちらもCHECK

-舞いあがれ!