記事詳細

採択チームのお知らせ

2020.10.21

採択5チームが選出されました

プレゼンテーション審査を経て、この度5チームが選出されました。
これより3月下旬に開催予定のDemo Dayに向けてセミナー、メンタリング、プロトタイプ製作を実施します。
採択チームは以下の通りとなります。

株式会社トラベルテックラボ

共創企業:第一交通産業株式会社

製品/サービスの名称『訪日外国人向け オンライン免税IoT宅配ロッカー"JaFun"(ジャファン)』

訪日外国人旅行者向けの「JaFun」は、オンライン免税IoT宅配ボックスです。
これはアプリで商品を注文すると日本の空港・ホテルに設置されたIoT免税宅配ボックスにて免税価格で受け取ることができます。
買い回っていたり、免税手続きで列に並ぶ際に、新型コロナの感染が気になるのとは違って、空港など一箇所でまとめて免税で受け取ることができ、旅行者はもちろん店舗の感染のリスクを抑えることができます。

KiQ Robotics株式会社

共創企業:株式会社ドーワテクノス

製品/サービスの名称『誰でも簡単に使える産業用ロボットIoTシステム』

労働人口減少、コロナ対策のための省人化・無人化・非接触化に対して産業用ロボットへの期待が高まっています。 しかしながら、産業用ロボットの操作は難しく専門技術者によってのみ取り扱われているのが現状です。 我々は、産業用ロボットを簡単に扱えるようにすることで、様々なシーンでのロボット導入を加速させます。我々の技術で、ロボットIoTシステムをスマホを扱うかのように操作でき、何でもできる夢の道具にします。

入江康雄

共創企業:株式会社ドーワテクノス

製品/サービスの名称『AIロボットGOSによるクリーンなデジタル空間への自動殺菌装置』

AIロボット「GOS」はセンサーで位置、建物容積、浮遊菌を確認し、AIで予測移動殺菌を行う。殺菌は紫外線でオゾンを光解離するAOP促進酸化処理による安全な酸化殺菌方法。浮遊菌はGOS内に取り込み瞬時に殺菌する。空間容積、殺菌情報をAI分析しクラウドに蓄積する。殺菌頻度は建物規模や人の利用状況に対してAI「予測分析」により作業や活用手順を算出して自動稼働する。対象エリアをAI・IOTで殺菌出来る。

株式会社kitafuku

共創企業:トヨタ自動車九州株式会社

製品/サービスの名称『スマートマスクバンド「yoboo」』

・マスクのひもにつけるベルト型IoTデバイス
・ベルトの裏に以下を搭載
 >生体センサー
 >位置情報を記録するセンサー
 >スピーカー
・ゴムのベルトを使用し、スライダー付で長さ調節が可能
・異物混入を防ぐため、取付部には外れにくいボタンを使用

株式会社マリスcreative design

共創企業:株式会社ラック

製品/サービスの名称『視覚障害者向け歩行補助装置の開発』

我々は視覚障害者向けの歩行補助装置を開発したい。視覚障害者は移動に不自由しているが、白杖以外は効果的な機器がない。また、駅ホーム転落事故もコンスタントに発生するため防ぎたい団体(国交省/鉄道会社)が極めて多い。3.11のような災害、コロナ騒動でも、一人で外に出る、逃げる、が必要とされる。そのため、健常者と同じように出かけて、危険な場面を単独で回避できるためのメガネ型の歩行アシスト装置の開発を行う。