>>>>>>>>>ものづくりの未来を創造する<<<<<<<<<

SCROLL

IoT Maker’s Project とは

1901年に官営八幡製鉄所の操業以来培われた「ものづくり」のDNAを受け継ぐ北九州からIoTで世界を変えるビジネス創出プロジェクトであり、共創企業から提示されたチャレンジテーマを呼び水に、IoTに関連した「事業アイデア」を数カ月で「プロトタイプ完成」へと導く全国初の試みです。
採択チームには共創企業から100万円の開発資金を提供し、ビジネス開発/ものづくりのプロ集団であるメンター陣がプロジェクト推進を強力にサポートすることで、プロトタイプ完成までを徹底的に支援します。更にその先には事業化を見据え、共創企業との連携や北九州市のフィールドを使った実証実験を行うチャンスが待っています。

応募は全国エリアを問わず、技術や経験は一切不要!
単なるビジネスアイデアコンテストに終わらせず、オール北九州の支援を受けながらプロトタイプ完成を目指す本プロジェクト。
皆様の熱い挑戦をお待ちしております!

IoT Maker’s Project の4つのポイント

POINT 1
『IoTモノづくり特化』

IoTの「事業アイデア」を「プロトタイプ完成」まで具現化する全国初のプロジェクト

IoTの定義はコチラ

POINT 2
『技術/経験不問』

必要なのは「事業アイデア」と「熱意」だけ。個人や学生も対象!ものづくりのプロ集団がプロジェクト推進を強力にサポート

POINT 3
『大手企業との共創機会』

地場の大手企業が開発費を支援、さらに実証実験等を通じたコラボレーションも可能


POINT 4
『開発費支援』

1チームあたり共創企業から最大100万円の手厚い開発費を支援

こんな方におすすめ

◯ 技術や経験はないけど、事業アイデアを製品として形にしたい
◯ 大手企業と一緒にインパクトのあるビジネスを創造したい
◯ 仲間とチームを組んで、革新的な新規事業を立ち上げたい

さらなる飛躍のチャンスも!

IoT Maker’s Projectは『NEDO TCP2021』​の連携プログラムです

採択チーム一覧(※ロゴをクリックすると詳細が確認できます)

実績公開

         
総エントリー数(件)
332
         
総資金調達額(百万)
2,201
         
総販売台数(台)
14,936

事業化事例

             

株式会社トレッタキャッツ
(旧:株式会社ハチたま)
スマートねこトイレ 「トレッタ」

         

2017年の本プロジェクト採択企業である株式会社トレッタキャッツ(旧:株式会社ハチたま)は、本プロジェクトを通じてプロトタイプを制作しました。その後、事業化に成功し数億円の資金調達を実施しました。

詳しい記事を見る
             

株式会社nanoFreaks
水難救助ネットワークシステム「ヨビモリ」

         

2018年の本プロジェクトの採択企業である株式会社nanoFreaksは、九州大学発の学生チームです。水難救助ネットワークシステム「Yobimori」を開発後、2019年12月に資金調達を実施。2021年にサービス開始しました。

詳しい記事を見る

2021年度 募集要項/エントリー


主催:北九州市
メディアパートナー:ASCII STARTUP
協賛:第一交通産業株式会社、株式会社ドーワテクノス、トヨタ自動車九州株式会社、株式会社ラック
後援:株式会社ABBAlab、株式会社Shiftall、株式会社マクアケ、北九州工業高等専門学校、合同会社Next Technology、西日本工業大学、一般社団法人まちはチームだ
運営:有限責任監査法人トーマツ